2017-06

バンドメンバー - 2016.05.28 Sat

きゅったんのインタビュー記事で、KRYからお付き合いしてくださっているバンドメンバーさんから見たきゅったんのお話を掲載してくださっている物がありました。

仲間であるメンバーでもなく、きゅったんを支えることで生活しているスタッフさんでもなく、共に音楽を紡ぎだす関係であるバンドメンバーさんから見たきゅったんってどんな感じなんだろう??

【キュヒョンに聞いた6つのこと】日本初のソロシングルリリースから初めて語る歌へのこだわり

シングル「Celebration~君に架ける橋~」で、SUPER JUNIORのメンバーとしては初となる日本初のソロシングルリリースを果たすKYUHYUN(以下、キュヒョン)。今回はキュヒョン入門編として、6つのテーマに沿ってインタビュー。何気ない会話の端々にキュヒョンの歌へのこだわりや、人懐っこいキャラクターが感じられるはず。

----------

01.念願叶った日本初ソロシングルリリース

キュヒョン SUPER JUNIORではダンスミュージックを中心に歌ってきましたが、僕は元々バラードが大好きなので、デビューしたときから“いつか日本の皆さんに僕のバラードを聴いてほしい”と思っていました。

最初は(ひとりで活動する)不安もありましたが、番組のMCをしたり、演技をしたり、各メンバーが様々な分野へ進出していくなかで、僕もひとりの歌手として、“バラード”で挑戦したくて。デビュー当時からの夢を叶えたかったんです。

02.バラード

キュヒョン バラードを歌うときは、まずは歌詞全体の流れを意識します。この歌詞はどんな意味を持っているのか? 例えば、憂鬱さや悲しさ、その感情をどう乗せて歌えば聴いてくれる皆さんに伝わるのかを意識しています。

韓国でいえば僕のソロ曲「?? ?? ?? ??(Because I Miss You)」を歌うたびに熱いものがこみ上げてきて、必死に涙をこらえながら歌っています。

日本の曲だと、メロディから入るのですが、ライブでも歌う機会のあるスキマスイッチさんの「奏(かなで)」が美しいメロディだなと惹かれました。そして、歌詞を知りよりいっそう好きになりました。テクニックに以上に歌詞の感性を込めることが大事だと思うんです。

03.シングル「Celebration~君に架ける橋~」

キュヒョン 最初に「Celebration~君に架ける橋~」を聴いたとき、日本の感性が滲んだとても明るい曲だなと思いました。

韓国では主に悲しみや切なさを含んだバラードを歌ってきたのですが、日本では雰囲気の明るい曲を歌う機会が多い気がしますね。

今回は特に春らしい、明るい歌で良いなと思いました。そのぶん、うまく歌えるか心配もありました。

“ありがとう 今 君に送る愛の歌はかけがえのない歌”。この歌詞がとても美しくて気に入っています。

04.本人NGが出た、男性には危険な歌!?

キュヒョン 今回のシングルに収録されている「Celebration~君に架ける橋~」「Lost my way」「Beautiful」の3曲はどれも男性キーなのですが、高い音が続くので男性よりも女性が歌いやすい曲じゃないかなって思うんですね。

もし、この3曲を男性が歌うとなると……危険が伴います(笑)。喉を痛める可能性もありますので、気をつけながら歌わないといけません。

05.ツアー中にお気に入りの○○と出会った!

キュヒョン 大阪公演で宿泊したホテルにあった加湿器がすごく良かったんです。コンディションを整えるために、加湿器だけでなく“喉に良い”というものはつねに持ってます。

06.結局キュヒョンの魅力とは? 本人に聞いてみました

キュヒョン 自分の口から言うのも恥ずかしいですが……。歌の感性を相手にうまく伝えられる歌声ではないかと思っています。

いろんな方がそれぞれの悲しみや切なさ、経験からなるストーリーをお持ちだと思うんですけど、僕の歌を聴くことでそれらを思い浮かべられるんじゃないかと。

でも、普段の僕は冗談を言うのがすごく好きで、韓国でいちばん有名なバラエティ番組のMCもつとめています。ファンの皆さんを喜ばせることも好きなので、歌では悲しみや切なさを、その他の部分では楽しさをお届けすることができる歌手だと思っていますが……僕のことをどのように思っていますか?

ということで! ここからはキュヒョンをよく知るであろう、ツアーサポートメンバーに彼の魅力について聞いてみました。

『SUPER JUNIOR KYUHYUN JAPAN TOUR 2016 ~Knick Knack~』を支えるサポートメンバー’s コメント

■皆川真人(key)
歌のスケール感と熱量。僕はピアノ担当なので、曲中でキュヒョンとやり取りすることが多いのですが、彼の声にグッと引き込まれつつ、幸せを感じています。地方ごとのランキングを考えるなど、客席と近いライブを心掛けていると思います。

■遠山哲郎(g)
同じ男として彼の歌に対するプライドやこだわり、頭の良さ、強い意志はすごく魅力的ですね。正直、レコーディングに参加させていただくまではSUPER JUNIORのことは知りませんでした。それが今では、K.R.Yの個性にハマっています(笑)。

しかも、キュヒョンは力の抜きどころが絶妙でそれがMCの面白さに繋がっていますよね。本当にいろいろ持っている人で、やっぱりスターは違うなと思うしかないですね。

■Keiichi Horii(b)
本番では特に「ファンの人たちのために何かしてあげたい」という気持ちが強く感じられました。思いやりのある、優しい人だと感心しています。

そして、より良いステージを届けたいという強い気持ちは、周りのミュージシャンにも伝わってきます。日本語の理解力もとても高く、アーティストとしてだけではなく、いち人間として素晴らしいと思います。

■國分建臣(ds)
会場のすべての人たちと一緒に楽しもうという気持ちが伝わってきます。今回のライブMCもほとんど日本語で喋っているのと、内容も会場によって少しずつ変えようとしているので、ファンの方々との繋がりをとても大事にしているんだと感じました。

本番が始まる直前に出演者で円陣を組むんですが、その時にキュヒョンさんが毎回面白いことを言ってみんなを和ませてくれるので(笑)、いつもリラックスしてステージに向かえます。心配りができる素敵な人です。

■若森さちこ(per)
本番にすべてのパワーを注ぎ込むキュヒョン氏。リハーサルでは確認が中心なので、本番であの素晴らしい歌声を聴くと我々バンドも「イェーイ!」といった感じで盛り上がります。

通訳がほぼいらないMC(毎回リニューアルされてます!)ではカッコつけたり、おどけたり、自慢げだったり、気弱だったりしても、それを凌駕してしまうほどの表現豊かで迫力のある歌にアーティストとしての魅力を感じますね。


きゅったんの裏表のなさ。

やっぱり魅力的な人だなぁ~。そして、いつも背中から音楽を奏で、見守ってくださっている皆さんにこんな風に思ってもらえてるんだな、そう思って支えられてるんだなって、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ありがとうございます。今度とも、KRYの歌声を乗せる素敵な音楽をよろしくお願いします!!

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

待望の «  | BLOG TOP |  » ビューイングも外れ・・

プロフィール

べるっち

Author:べるっち
ようこそいらっしゃいました~♪

いとぅくが宇宙で一番大好きです!

今日で何日?

いとぅく帰還まで

SEVENTEEN

愛のぽちっ♪

さじんの上のボタンをぽちってね。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アンケート第3弾

検索ワード

無料 ブログパーツ