2017-10

鉄壁 - 2015.05.18 Mon

先日、うんとぅくいぇの3人で受けていたインタビュー記事が上がって来てました。

創刊10周年特別インタビュー]スーパージュニア "ス驚異と生まれ韓流キングに大きかったのよ」

今後20年、30年にも会ったらと思います。誰より長持ちするかギョルォド見たいよ。(笑)」(ウニョク) 人気グループスーパージュニアは、2005年にデビューした。今年で10周年を迎えた彼らは、2005年創刊したスポーツ傾向と記念周年を一緒に付ける。 特別な縁で創刊するたびにお祝いと徳談をかけネオンこれら10周年を迎えまた会った。


スーパージュニアは最近、チームの活動を終え、全方位からの個々の活動期の真っ最中だけに、国内にいるメンバーのうち3人が別々に一つになってスポーツ傾向と再会した。

去る4日2年間の軍代替服務を終え活動再開を控えているメンバーイェソンをはじめ、チームのリーダー、イトゥクとウニョクが時間を裂いた。 チームの行方を置いて心配していた新人だったスーパージュニアは、その間韓国歌謡界で2009年、2010年、2011年、2012年、4年連続で最多アルバム販売歌手を占めるなど、トップスターにそびえ立った。 外部には、世界各国で韓流を広める最高の人気韓流グループのいわゆる「韓流キング」に成長した。Kポップ歌手としては初めてのワールドツアーの観客100万の記録を突破したスーパージュニアは14日現在、174万人台のワールドツアーの観客記録を更新書き出すている中でもある。 お最多フォロワー順位でも、スーパージュニアは独歩的だ。468万人を記録し韓国人をあわせて1位の栄光を抱いたチェ·シウォンをはじめ、イェソン、イトゥク、東海などがトップ10リストに名前を載せておきいるところである。 13日、ソウル清潭洞SMエンターテイメント社屋で会ったイトゥクは、「その時新聞ですか?」と目をでかく浮かぶ。イトゥクは「やはり私たちの姿、「柄と色合」が好きなりましたね」と言って大笑い。イェソンは不思議そうに延伸携帯電話で数年前の新 ​​聞を撮影した。


2006年11月25日(スーパージュニアのユニットKRY関連インタビュー)、2007年10月24日(正規2集インタビュー)、2014年8月29日(正規7集記者懇談会)新聞を見ながらメンバーたちはそれをくっきりと思い出した。ミジュアルゴジュアル、興味深い話が相次いでセムソトた。

スーパージュニアのバラードユニット「KYR」(ケイロワイアル)の発足を扱った「解体かって?別棟部隊ジョー!」(2006年11月25日)という題の記事の中」に移動すると並べる番号ない叫んで良い」というインタビュー内容を見て、メンバーは、特に大笑いした。デビューの頃これらもしメンバーを置いて通うかと思って、ぜひ順番を叫んだ後、車にオルゴンた人々だ。

13人組であって大規模なグループに大きなバスに乗って通っていたスーパージュニアのメンバーイェソンとキュヒョン、リョウクは2006年歌謡界ではなかった」ユニット」を最初に紹介しながら、当時のインタビューに出たことがある。考えてみれば、国内歌謡界に「ユニット」文化を作ったのも、スーパージュニアが最初であった。 」の前にはなかったユニットが出てくるから」チームがもしかしたら解体されたものではないか」という質問を相次いで受けました。ユニットの概念がなく、具体的に語ってくれた。当時の新聞にも韓国初のユニットを置いて「解体ではなく別棟部隊」と説明をあしらいんじゃないか?(笑)」(イェソン)

2007年10月24日2集インタビュー記事には、集まったファンたちの活性化にソウル清潭洞(チョンダムドン)の宿泊施設から追い出され私は逸話が言及されている。イトゥクは「当時追い出されてから新たに移行したソウル建大近くの宿泊施設で、今もずっと住んでいる」と述べた。

CDのほか、テープの形式で出てきた自分たちの1集、最初は「ジュニア」だったが、多目的な取り付けのために「スーパージュニア」の名前が変わった話など面白いエピソードもぎっしり紹介された。 喜怒哀楽...。10年の間に多くのことがあった。

「危機もあったし、嬉しいこと、悲しいこともありました。メンバーたちの交通事故など、様々な事件·事故もあったし、台湾では121週連続で1位みた...。世界のあちこちで私たちのツアーを開催してくれフラッシュモブも開かれたんです。危機の後には間違いなくチャンスが来て、そのすべての過程がそう今日の私達を作ったことだよ。」(イトゥク)

小競合して戦ったこともあるという。 「記者の方にも編集局からたくさん戦うんですか?(笑)私は悪くないことと思います。お互いがお互いを理解していく過程であるテよ。憎しみの情、細かい情報も例えば固く団結されることだよ。」(ウニョク)

変わったことは多い。イェソンは「外国人のファンを一人だけ見ても、あまりにも不思議で私たち同士膜話をやり取りした時期があった」とし「今では世界のあちこちのファンと楽しい時間を過ごしている」と述べた。

また、チームの運命について悩んでいた新人の時とは違って、鉄壁のようなファン層を構成したことも、過去10年間厚く築いたことである。 変わっていないものもある。「私たちはスーパー·ジュニア〜語です」と呼ばれる独特の応援スローガンとし、大衆に身近なイメージは時も今もそのままだ。 "簡素化高速化、やすくなる時代に、伝統と勧誘、名誉を維持することは容易ではないだろう。(スポーツ傾向は)いつもこのように私達を直接会って話を聞いて、私たちのにとってより率直な話を打ち明けるようにして、専門的な情報を伝えてくれたのは特にその印象がそれぞれ異なり。歳月の内面も無視できないはずだよ。」(イトゥク)

ウニョクは"20周年、30周年もそう一緒にしてほしい」と期待した。イトゥクは「20周年時は、私たちハンテジュニア(2歳)が生じたようだ」と笑った。 30周年の時の出会いから出てくるの記事には、どのような内容が入るだろうか?イトゥクが真剣な表情で休みなしに話を解きほぐす。


「このような内容はどう?「これらの先端はどこか?デビュー30周年なのに、まだ世界を通ってツアーを行っているスーパージュニア、結婚をしたにもかかわらず、いつも様々なリサーチで会ってみたい男性グループ1位に堂々と挙げられる、これらの、音楽、放送、煙など各種分野で30年間ひたすら人気を享受するスーパージュニア、これらは目を閉じるその日まで最善を尽くしという覚悟だ...」。ハハ。その時には必ずこのような内容にまた会う日を約束します。」


ELFを10年間で構成した鉄壁のファンと。

こういう風に言われると、すじゅにとってELFがなくてはならない存在として、存在していていいんだなぁ~って思えて嬉しくなります。

いつもいとぅくが「記者さんたち、良い記事をお願いします」と頭を下げてお願いしています。これからも、ひとつでも多くのメディアがすじゅの良いところを見つけて、良い記事を書いてくださることを願います。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

てってけてぇ~ «  | BLOG TOP |  » イヤな予感は・・・

プロフィール

べるっち

Author:べるっち
ようこそいらっしゃいました~♪

いとぅくが宇宙で一番大好きです!

今日で何日?

いとぅく帰還まで

SEVENTEEN

愛のぽちっ♪

さじんの上のボタンをぽちってね。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アンケート第3弾

検索ワード

無料 ブログパーツ