2017-08

一回だけチャンスを! - 2015.01.24 Sat

3学期になって、来月の発表会に向けての劇の練習が始まりました。

すぐに、楽しい!やりたい!ってノリノリな子もいれば、え~・・・とまだノッてこない子もいる練習初期。

この温度差がきっかけで、またクラスの空気が微妙に変化した出来事がありました。

大人と違って、台本をもらって、自分のセリフを覚えて・・・なんてことはできないので、劇中で歌う歌の練習や、ダンスの練習をしながら、少しずつ動きやセリフ、立ち位置を覚えていきます。

ちょっぴり男の子チックなノリのダンスをみんなで踊っていた時、女の子女の子した3人娘がダンスせずに部屋の隅っこでプリキュアの話に花を咲かせているので、「みんなと一緒に踊ろうよ」って何度も声を掛けたんです。でも、無視。

一旦休憩して、「もう、みんなと一緒にしないのね」とその3人に声をかけていると、他の子どもたちが「ほら、おこられた」「みんなといっしょにしなあかんやん」などと集まってきました。

「あれ??みんな怒ってるん??」と他の子たちに言うと「・・・・??ん???うん、おこってる」と。「なんで怒ってるん?」「だって・・・みんないっしょうけんめいおどってるのに・・・」「みんながするときは、一緒にしてほしいの??」「そう!!」

そして、お友だちに「○○ちゃんたち!ぼくたちといっしょにやるときはやって!」と怒られた3人娘。「だって、そんな踊りしたくないもん。きらいやもん」とぶぅ~垂れていた顔が段々泣き顔に変わり・・・「どうするの?」「・・・・やる・・・」

そんなことがあり、なぜか・・・べるっちは男の子がすればいいかな?って思っていたそのダンスを踊る役をその3人娘がしたい、と言い出し、今では、ノリっノリで、踊っています(笑)

そして、昨日。

みんなで言う〆のセリフを練習していた時、空気を読まずにキャッキャキャッキャ遊んでいた二人をガツン!と怒っていると、またまた「みんなといっしょにするときは、しなあかん!」とべるっちと同調して怒っていた子どもたち。怒られている二人は、怒られてもあんまり響かない二人なので、わざと大げさに怒りました。

そしたら・・・最初、べるっちと同じように怒っていた子どもたちが・・・・「あ・・・・でもな・・・・さっきのところはふざけてたけど・・・でも、○○(←最初の方のシーン)の時は、頑張って言ってたし・・・」「さっきのあのセリフは、言ってたし・・・」ん????「べるっちせんせ~、いっかいだけチャンスあげて」・・・・はっ!?

ホント、びっくりしました。そんなこと言いだすなんて。

残念ながら、みんなのその気持ちがあんまり二人には通じないんですけど、コンコンと二人に友だちの優しさを言い聞かせ、チャンスをあげて、もう一回みんなでセリフの練習をしました。

うまく劇をして発表できることも大事だけど、練習を通しておこる、いろ~んな出来事が成長に繋がっていく。

もう1月も残り1週間。2月、3月はあっという間に過ぎて行って、このクラスも解散して新しい集団になります。・・・ホント・・・かわいすぎて、愛おし過ぎて・・・手放したくなくなります。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

ほっかほか

*miruさん*
miruさん、コメントありがとうごじゃいますぅ!!
読んでいただいて、ほっかほかの気持ちになっていただけてとっても嬉しいです。
ホントに、ビックリするような発言や、行動をする子どもたち。そんな風にお家で大事に育てられてるんだなぁ~って保護者に感謝の気持ちも芽生えます。
本番に弱い子たち(笑)なので、これからが大変ですぅ~。


管理者にだけ表示を許可する

こういう記事 «  | BLOG TOP |  » もろいものだから・・・

プロフィール

べるっち

Author:べるっち
ようこそいらっしゃいました~♪

いとぅくが宇宙で一番大好きです!

今日で何日?

いとぅく帰還まで

SEVENTEEN

愛のぽちっ♪

さじんの上のボタンをぽちってね。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アンケート第3弾

検索ワード

無料 ブログパーツ