2017-04

愛の美作・西門劇場 その21 - 2007.07.14 Sat

愛の美作・西門劇場 sの21


『天気予報のあきら』




あきらの天気予報は良く当たる。


21-1



素直にあきらの言う事を信じた総二郎。


21-2




喜びの舞を踊る二人。


21-3



ところで、明日はどうなんだ?


21-4



あきらの天気予報によると・・・


21-5




一夜明け~♪





21-6




今日もあきらの言うとおりにした総二郎。



・・・ところが・・・



21-7




・・・・・・・・。



21-8




さぁ・・・どうしたものか・・・



21-9



ひぃぃぃぃぃ~~~っっ!!!!



21-10




たまには・・・はずれることも・・・あるよね?





スポンサーサイト

愛の美作・西門劇場 その20 - 2007.04.02 Mon

愛の美作・西門劇場 その20

『側にいるほど、すれ違い』




最近立て続けの仕事で、日本や韓国へと飛び回って
いてやっと、落ち着いた総二郎。

久々に母のようにおいしいものを食べさせてくれる
彼女の店へ来ることができた。


『久しぶりね~。随分忙しそうね。

体は大丈夫?』

(・・・元気ないわね・・・)

『・・・話してすっきりすることなら聞くわよ』


07040201



あら、そうだったの。

そういえば、随分前に久しぶりに一緒の
仕事が入ったんだって
嬉しそうに言ってたわね・・・。



07040202



脳内勝手に被害妄想(爆)


07040203




あぁ~ぁ・・・とうとう泣き出しちゃったわ。


こ~んなに大きな男なのに・・・仕方ないわね~。


『ほら、総二郎。
今日は特別にうちの料理人、
孝天のスペシャルメニューよ!

コレ食べて元気だしなさい!ね?』


07040204



・・・・


ど・・・どうしたのかしら・・・急に総二郎の目が・・・


07040205



あきらっ


すっ・・・すごい、食べっぷり!!!


・・・な・・・なんだかわからないけど、
食欲がでたなら、それでいいわ。


『ごちそうさまっ


07040206



言い終わらないうちに、総二郎ったら・・・
店を飛び出していっちゃった(笑)



さぁ、後片付けしてお店閉めることにしましょう。


総二郎・・・頑張るのよ


その頃、あきらの家に飛び込んだ総二郎は・・・



07040207




頭の先から・・・しっぽまで・・・むふふ

愛の美作・西門劇場 その19 - 2006.12.24 Sun

2006年12月24日。


今年も忙しい
トナカイ協会台湾支部・代表 トナカイあきら』は、
すっこ~んっ!と晴れ渡った青空を見上げて、ぶつぶつぶつ。



19-1



さぁ、そろそろあのわがままサンタ
「サンタ総二郎」に連絡しなきゃな。


『・・・もしもし。こちら、トナカイ協会のトナカイあきらです。今年もサンタ総二郎さんの担当をさせていただくことになりました。よろしくお願いいたします。
今夜11時にお迎えに上がりますので、ご準備よろしくお願いします。
それでは。』



帰ってきた声は、しぶしぶ声。



19-2




こちらサンタ総二郎。
生活にリラックスを求め、働くのは毎年、クリスマスイブの一日だけ。
トナカイ協会では、わがままな俺の担当を渋るトナカイが後を絶たず、
ここ数年、ずっとトナカイあきらが担当してくれている。


今年も・・・トナカイあきらの担当か・・・。

どんなわがままだって、聞いてくれる・・・
かわいいヤツ



19-3




ずいぶん昔、トナカイ協会創始者である、
ボクのおじいちゃん=トナカイ美作
に聞いたことがある。
昔、一人の若いサンタが、とてもわがままで、
クリスマスイブの夜、台湾に雪が降るからといって
車を改良したそりを作らされたことがある、と。


・・・たしか・・・倉庫の奥でほこりまみれになってたはず。


・・・でも、やだやだ。
そんなの引っ張り出してくるなんて。



19-4




・・・・・いつもそうだ・・・。
こんな風に、ボクが逆らえないようにするんだ。
はぁ~・・・。



結局・・・倉庫の置くから、
ほこりまみれの屋根つきそりを出してきて、
洗車するトナカイあきら。


すると・・・・。ほこりを払ったそこに・・・。


19-5




『サンタ・にしかど』


・・・サンタ総二郎のおじいさん=サンタにしかど・・・。


これもまた・・・運命


<つづく>

♪愛の美作・西門劇場 その18♪ - 2006.07.17 Mon

愛の美作・西門劇場 その18

☆スペイン坂であいましょう☆

最近、あきらは、アジア各国を飛び回っている。
特に、韓国滞在は物凄く長い。
長い・・・長い・・・淋しい・・・。

愛の劇場18-1


総二郎は、ずっとこの調子。
ため息の数は、数え切れないほど・・・。


そんなある日、あきらから、はがきが届いた。

愛の劇場18-2


・・・そうか・・・楽しいのか・・・(また凹む・・・)

愛の劇場18-3


ふと気がつくと、涙が流れている総二郎・・・。
何をするにも、無気力・・・。

愛の劇場18-4


そう、明日から、仕事で日本へ行くというのに、総二郎は、行かないと、言い張ります。
・・・困ったマネージャーは・・・。


総二郎のマネージャーから、連絡してやって欲しいと、連絡を受けたあきらから、写メが届く。

愛の劇場18-6


これは、逆効果!!!
慌てたマネージャーは、あきらに電話し、総二郎に、つなぎます。

愛の劇場18-5


あきらの声を聞いた途端、また涙が溢れてしまう総二郎・・・。

愛の劇場18-7


優しい、優しい、あきらの言葉に、やっと安心した総二郎。

ヴィトンのバックにやっと、大荷物を詰め込んで予定通り、日本に到着したのでした。

愛の劇場18-8


でも、淋しくて泣いてたのと、ほっとして、また泣いたので目は、はれはれ~。隠すためにこんなに素敵な色眼鏡でご到着したのでした。



さてさて、その数時間後・・・。
韓国から飛んできた飛行機を降りたのは・・・

愛の劇場18-9


さぁ、二人はスペイン坂で会えるかな?

☆つづく☆

♪愛の美作・西門劇場 その17♪ - 2006.07.17 Mon

愛の美作・西門劇場 その17

☆あきらの浮気疑惑☆

ある日のこと

愛の劇場17-1



愛の劇場17-2


最近こんなことが続いていたのです。

愛の劇場17-3



それでも、総二郎は気を取り直して、今日も手によりをかけておいしいご飯を作って待っていました。

愛の劇場17-4


ところが!

愛の劇場17-5


・・・あきら・・・あきら・・・。しばし激しく妄想。
あぅっ・・・きっとどこかに、もっとおいしいご飯を作ってくれるいい人ができたんだ!!(←激しく誤解中)
・・・・誰だ?・・・誰が・・・

愛の劇場17-6


とうとう・・・

愛の劇場17-7



愛の劇場17-8


びっくりしたのは、あきらの方。
来るべきコンサートに向けて、身体作りのために、食事制限をしていただけなのに・・・。
(総二郎の作るご馳走を泣く泣く我慢していたあきら)

17-9


見よっ!この素晴らしい筋肉を!!

がばっ!!!

愛の劇場17-10



☆つづく☆

♪愛の美作・西門劇場 その16♪ - 2006.07.17 Mon

愛の美作・西門劇場 その16

☆ホワイトデー編☆

ホワイトデーも近いある日、あきらがなにやら悩んでいるようです。

愛の劇場16-1


と、いうのもひと月前のバレンタインのこと。

愛の劇場16-2


総二郎から、愛もりもり手作りチョコをもらったから。
そのお返しのことで悩むあきら。そうだ!こんなときは!!

愛の劇場16-3


あきらが、大真面目に聞いているのに・・・。

愛の劇場16-4


類が変なことを言うので、益々頭がぐちゃぐちゃになってしまったあきら。

でも・・・。(妄想中)

愛の劇場16-5


頭の中が『ちゅ~』の嵐になっちゃったみたいですよ。

愛の劇場16-6


さぁ、ホワイトデー当日、あきらがプレゼントしたものは?

愛の劇場16-7


☆つづく☆

『愛の美作・西門劇場 その14』 - 2006.07.17 Mon

愛の美作・西門劇場 その14

☆秋のお出かけ編☆

秋、コンサートの練習で煮詰まり気味のあきらを心配した総二郎は、練習中のあきらを気分転換に外へ連れ出すことにしました。

愛の劇場14-1


早速、準備をします。

愛の劇場14-2


なぜか、いっぱいの荷物を車に積み込み、出発です!!

愛の劇場14-3


着いたところは、紅葉の美しいところ。

愛の劇場14-4


早速カメラを構えて、総二郎は無言でカシャカシャ美しい風景を切り取っていきます。

愛の劇場14-5


一方のあきらは、退屈しているのかと思いきや、無言でシャッターを切り続ける総二郎の姿を見つめていました。

愛の劇場14-6


満足いく写真をとることができた、総二郎。
総二郎の写真が終わるまで、黙って待っていたあきらがガサゴソとリュックの中から、何かを嬉しいそうに取り出しました!

愛の劇場14-7


☆つづく☆

『愛の美作・西門劇場 その13』 - 2006.07.17 Mon

愛の美作・西門劇場 その13

☆お月見団子編☆

秋の夜、真っ黒に澄んだ夜空に輝くお月様。
総二郎は、今夜のお月見の準備をしていました。

愛の劇場13-1


総二郎が出勤した後、床の間に飾られたお団子を見つけたあきら。
なんだかわからないけど、おいしそうだったので・・・。

愛の劇場13-2


帰宅した総二郎は、お月見団子が無くなっている事に気がつきました。傍にいた猫が食べてしまったのだと思い、ひとつ余分に作っておいた団子を乗せました。

愛の劇場13-3


しばらくして、またまたあきらがやってきます。
後ろで猫がなにやら言ってますが・・・。

愛の劇場13-4


いくら猫にやさしい総二郎でも、さすがに怒ります。
猫が必死に何か言ってますが・・・。

愛の劇場13-5


しかし、もう乗せる団子もありません・・・。
仕方が無いので、そのままお月見をすることに。
「あきら~、お月見するよ~。こっちおいで」

愛の劇場13-6


えっ?あ・・あき・・あきら・・・。
・・・背中に痛い視線が突き刺さる総二郎なのでした。

愛の劇場13-7


☆つづく☆

♪愛の美作・西門劇場 その12♪ - 2006.07.17 Mon

愛の美作・西門劇場 その12

☆ロミオとジュリエット☆

それは、二人が高校生の時の文化祭での出来事でした。
クラスで、ロミオとジュリエットの劇をすることになったのですが、ロミオは総二郎が、そして、ジュリエットが・・・。

aino


なんと、あきらが立候補していたのに、なぜか類がジュリエットに選ばれてしまったのです。

愛の劇場12-2


類は、意外にもやる気満々。あきらにジュリエット役を渡そうとは決してしませんでした。

愛の劇場12-3


でも、どうしてもあきらとロミ・ジュリをしたい総二郎は、もう一度HRで、みんなにお願いしたのです。

愛の劇場12-4


しかし・・・みんなの意見は変わらず・・・
とうとう、文化祭当日を迎えてしまいました。

愛の劇場12-5


じーっと、客席で見ていたあきらでしたが、類のジュリエットに嫉妬の嵐。とうとう耐え切れずに、席を立ってしまいました。

そこで、あせったのは、舞台上の総二郎!!!

愛の劇場12-6


突然のロミオの声に、舞台を振り返ったあきら。
クラスメートは、素直にあきらにジュリエットをさせなかったことを、みんなで後悔したのでした。

愛の劇場12-7


☆つづく☆

♪愛の美作・西門劇場 その11♪ - 2006.07.16 Sun

愛の美作・西門劇場 その11

☆麻吉デート編☆

麻吉とは、あきらが尊敬してやまないアーティストです。
今日は、麻吉から、Liveに招待されたので、総二郎を誘って出かけます。

愛の劇場11-1


総二郎は、麻吉初体験でしたが、とっても気に入ったようです。
瞳をキラキラさせて見入っています。

愛の劇場11-2


そのとき、ステージから、「あきら~上がってこい!!」
と、麻吉からお声がかかりました。

愛の劇場11-3


ステージの上で、盛り上がったあきらは、興奮のあまり脱いでしまいます。客席からは黄色い声援が!!!

愛の劇場11-4


大盛り上がりのなか麻吉Liveは幕を閉じました・・・が。
その日から、なんだか、総二郎が・・・。

愛の劇場11-5


あきらは、どうしていいものやら・・・。
何を怒っているのか解らずに、困り果てています。

愛の劇場11-6


一方総二郎は、ちょっと大勢の観客の前で脱いでしまったあきらを困らせようとしただけなのに、いつまでたっても仲直りできず、とうとう・・・。

愛の劇場11-7


・・・え???あきら、ビックリ。

愛の劇場11-8


む・・むふ・・むふふふ・・あはははは~~~

愛の劇場11-9



今日も二人は幸せに暮らしています♪


☆つづく☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

べるっち

Author:べるっち
ようこそいらっしゃいました~♪

いとぅくが宇宙で一番大好きです!

今日で何日?

いとぅく帰還まで

SEVENTEEN

愛のぽちっ♪

さじんの上のボタンをぽちってね。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アンケート第3弾

検索ワード

無料 ブログパーツ